葬儀の変化

葬儀は名古屋で行う予定ならこちらのサイトにのっている業者がお勧めです。ぜひこちらをチェックしてみてどんなサービスなのか調べてみましょう。

人は死ぬとどうなるんでしょうね。この世には死んだことがある人はいないので、あの世があるのかどうかもわかりませんし、幽霊になって彷徨うのかどうかもわかりません。それは誰にもわかりません。本当に神のみぞ知るお話です。
さて、近しい人が亡くなると僕らは手厚く葬ってあげるのが常識です。残された僕らにできることは、旅だった故人を深く悔いなく追悼すること。日本人は昔から死というものに深く向き合ってきました。
日本では火葬が一般的ですね。知っていますか?宗教によって土葬か火葬かは違うんです。日本では仏教が多いですからほとんどが火葬ですが、キリスト教やイスラム教では火葬は禁止です。仏教で火葬がされる理由は、釈迦が火葬をしているから、ということなんだそうです。火葬は何も仏教独自というものではなく、インドで一般的に行われていたみたいですね。

それで、直葬という言葉はみなさまご存知でしょうか?直葬とは宗教的な儀式は行うことなく身内だけで火葬をすることです。この直葬が選ばれる理由は、日本ではお金がないという経済的理由、宗教を特に進行していない、参列者がいないという3つの理由が多いです。
参列者がいないという話はちょっと辛いですね。ですが、故人が身内さえいればそれでいいという人だったのかもしれません。それで供養されるなら誰も文句は言うことはないでしょう。また、お金がないという理由ですが、基本的に葬儀は100万レベルでお金がかかってしまうものなので、経済的に辛いと本当に仕方なかったりするようです。
これだけ聞くと、仕方がないから直葬にすると見えてしまってその後の供養も心配ですが、決してそんなことはありません。また、供養の方法も様々で、人にあった供養方法があります。お金がなくても身寄りがなくてもしっかりと供養できる、してもらえるシステムがでているのです。

Flux RSS 2.0 des commentaires.

Les commentaires sont fermés.

Abonnez-vous : Articles | Commentaires

Copyright(C)2013静かに火葬する直葬とその後の供養についてAll Rights Reserved.